ピックワールド(PIC World)

インフォメーション

この記事は 2023年12月13日 に以下のカテゴリに投稿されました Programing.

この記事のタグ

, , , , ,


PythonでiOSプログラミング!『PythonやJupyterでiPhone/iPadプログラミング!』発行 技術の泉シリーズ、11月の新刊

実行環境を自分の手元で揃えることができるのは、ものすごい利点だと思うのですね。

プログラミングを学ぶ上でも同じ。

iPhone と PC ならば、手元にある方も多いでしょう。

こんな入門の仕方も良いかもしれませんね。

まぁ、Android でも一緒だけど。

PythonでiOSプログラミング!『PythonやJupyterでiPhone/iPadプログラミング!』発行 技術の泉シリーズ、11月の新刊
株式会社インプレスホールディングス

インプレスグループでIT関連メディア事業を展開する株式会社インプレス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:高橋隆志)は、『PythonやJupyterでiPhone/iPadプログラミング!』(著者:平林 純)をインプレス NextPublishingより発行いたします。

最新の知見を発信する『技術の泉シリーズ』は、「技術書典」や「技術書同人誌博覧会」をはじめとした各種即売会や、勉強会・LT会などで頒布された技術同人誌を底本とした商業書籍を刊行し、技術同人誌の普及と発展に貢献することを目指します。

『PythonやJupyterでiPhone/iPadプログラミング!』
https://nextpublishing.jp/isbn/9784295602200

PythonやJupyterでiPhone/iPadプログラミング!

PythonやJupyterでiPhone/iPadプログラミング!

著者:平林 純
小売希望価格:電子書籍版 3,500円(税別)/印刷書籍版 3,800円(税別)
電子書籍版フォーマット:EPUB3
印刷書籍版仕様:B5/カラー/本文348ページ
ISBN:978-4-295-60220-0
発行:インプレス NextPublishing

<<発行主旨・内容紹介>>
本書は、iOSデバイスの機能を最大限に活用するためのPythonガイドです。iPhoneやiPad上で実行できるPython/Jupyter Notebook環境である「Carnets for Jupyter」から、「Juno」、「Pyto」、「Pythonista」といった多彩なPython環境を駆使し、iPhone/iPadを自在に活用する方法を探求します。
(インプレス NextPublishing は、株式会社インプレスR&Dが開発したデジタルファースト型の出版モデルを承継し、幅広い出版企画を電子書籍+オンデマンドによりスピーディで持続可能な形で実現しています。)

<<目次>>
第1章 iOSデバイスが備える数多くのハード・ソフト機能
第2章 iOSデバイスで動作するPython環境アプリ
第3章 「お手軽3分クッキング」ライブラリーを入れる
第4章 各種センシングから機械学習まで! お手軽レシピ集!
第5章 入力(センシング)機能を使う
第6章 入力(カメラ)機能を使う
第7章 出力機能(音声・画面・触覚フィードバック・ライト)を使う
第8章 入力(センシング)機能と出力機能を組み合わせた例
第9章 各種処理機能を使う(画像処理 編)
第10章 機械学習処理機能を使う
第11章 通信機能(BLE)を使う
第12章 通信機能(P2P: Peer to Peeer)を使う
第13章 iPhoneやiPadを動かす「仕組み」を知っておく
第14章 iOSのフレームワーク関数をPythonから使う
第15章 PythonとObjective-Cを橋渡しするライブラリー
第16章 各フレームワークを使うレシピ大全集
第17章 Assets Library
第18章 UIKit
第19章 Audio Toolbox
第20章 AVFAudio
第21章 AVFoundation
第22章 ARKit / SceneKit
第23章 Core Bluetooth
第24章 ImageI/O
第25章 Core Image
第26章 Core Location
第27章 Core Motion
第28章 Core ML / VISION
第29章 Speech
第30章 PythonでのiOS開発環境をもっと深く知る

<<著者紹介>>
平林 純
京都大学大学院理学研究科修了。画像処理技術関連の開発やコンサルティング、科学実験サポートなどを行なう。日本画像学会フェロー。著書に『なんでもPython プログラミング 平林万能IT技術研究所の奇妙な実験(技術評論社)』『信長もビックリ!? 科学でツッコむ日本の歴史 だから教科書にのらなかった(集英社)』『論理的にプレゼンする技術[改訂版]聴き手の記憶に残る話し方の極意(SBクリエイティブ)』『思わず人に話たくなる「確率」でわかる驚きの日本(監修/廣済堂出版)』『史上最強科学のムダ知識(技術評論社)』など多数。ソフトウェアデザイン(技術評論社)に「平林万能IT技術研究所 2ndシーズン」連載中。また、「タモリ倶楽部」「世界一受けたい授業」「明石家電視台」など、数多くのテレビ番組にも出演。

<<販売ストア>>
電子書籍:
Amazon Kindleストア、楽天koboイーブックストア、Apple Books、紀伊國屋書店 Kinoppy、Google Play Store、honto電子書籍ストア、Sony Reader Store、BookLive!、BOOK☆WALKER、BOOK TECH
印刷書籍:
Amazon.co.jp

※各ストアでの販売は準備が整いしだい開始されます。
※全国の一般書店からもご注文いただけます。

<<技術の泉シリーズについて>>
『技術の泉シリーズ』は、技術者の知見のアウトプットである技術同人誌を底本とした、2017年創刊の技術書シリーズです。NextPublishingによるスピーディーな編集制作とプリントオンデマンドによる1冊からの印刷製本により、技術の変化に追従しつつ返品や品切れのないサスティナブルな出版モデルを特徴としています。本シリーズを通じて、エンジニアの“知の結晶”である技術同人誌の世界に、より多くの方が触れていただくきっかけとなることを目指しています。

技術の泉シリーズ

技術の泉シリーズ

【株式会社インプレス】 https://www.impress.co.jp/
シリーズ累計7,500万部突破のパソコン解説書「できる」シリーズ、「デジタルカメラマガジン」等の定期雑誌、IT関連の専門メディアとして国内最大級のアクセスを誇るデジタル総合ニュースサービス「Impress Watchシリーズ」等のコンシューマ向けメディア、「IT Leaders」をはじめとする企業向けIT関連メディアなどを総合的に展開・運営する事業会社です。IT関連出版メディア事業、およびデジタルメディア&サービス事業を幅広く展開しています。

【インプレスグループ】 https://www.impressholdings.com/
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:松本大輔、証券コード:東証スタンダード市場9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「航空・鉄道」「モバイルサービス」「学術・理工学」を主要テーマに専門性の高いメディア&サービスおよびソリューション事業を展開しています。さらに、コンテンツビジネスのプラットフォーム開発・運営も手がけています。

【NextPublishing】
NextPublishingは、インプレスR&Dが開発した電子出版プラットフォーム(またはメソッド)の名称です。電子書籍と印刷書籍の同時制作、プリント・オンデマンド(POD)による品切れ解消などの伝統的出版の課題を解決しています。これにより、伝統的出版では経済的に困難な多品種少部数の出版を可能にし、優秀な個人や組織が持つ多様な知の流通を目指しています。

【本件に関するお問合せ先】
株式会社インプレス : NextPublishing推進室
E-mail: np-info@impress.co.jp

以上

最初に学ぶ言語は、色々やるのではなくて、一つに絞ったほうが良いかもしれない。

何でも構わないけれど、自分の好きな、そして手元で試せる物が良いと思うよ。

 


コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ