ピックワールド(PIC World)

インフォメーション

この記事は 2024年01月05日 に以下のカテゴリに投稿されました Others (その他).

この記事のタグ

, , ,


「KDDI MUSEUM」累計来館者数1万人を達成

これは知らなかった。

KDDI のミュージアムが、多摩にあるんだって。

まぁ、でもできたのは最近で、2023年に開業し、その来場者が1万人を突破しましたというニュース。

どんなものが展示されているのかなぁ?

「KDDI MUSEUM」累計来館者数1万人を達成
KDDI株式会社

KDDIは2023年12月20日、日本の国際通信の歴史に関する企業ミュージアム「KDDI MUSEUM」(所在地:東京都多摩市)の累計来館者数が2023年12月19日に1万人を達成したことをお知らせします。
記念すべき1万人目の来館者は、千葉県からお越しになった岡田さまでした。岡田さまには1万人達成の記念品として、2023年で発売から20周年を迎えたINFOBAR関連グッズを贈呈しました。

累計来場者1万人目のお客さま

累計来場者1万人目のお客さま

累計来場者1万人目のお客さま

累計来場者1万人目のお客さま

1万人目の来館者となった岡田さまは次のように述べています。

「au Design projectの大ファンで、INFOBAR大百科展を見学するために来ました。このようなミュージアムがあることは今回初めて知りました。まさか自分がこのようなシーンに遭遇するとは思っていませんでしたが、1万人目の来館者となれて非常に光栄です。また友人を誘ってお邪魔したいです。今後もいちファンとしてKDDIの取り組みを応援していきたいと思います。」

「KDDI MUSEUM」は、150年以上にわたる日本の国際通信と民間企業として初めて日本国内の通信事業に参入したKDDI(当時は第二電電)の挑戦の歴史や最新の情報通信技術を展示し、お客さまに通信をより身近に感じていただく目的で、2020年12月1日に開館しました。

開館から2年間はコロナ禍により、臨時休館を繰り返しながらの営業となりましたが、開館から3年目となる2023年度は初めての企画展「災害と通信」を開催し、多くのお客さまを迎えることができました。

現在、au初のデザインケータイ「INFOBAR」発売20周年を記念した「INFOBAR大百科展」(開催期間:2023年10月30日から2024年1月19日まで)を開催しており、大変好評をいただいています。

「KDDI MUSEUM」は、これからもKDDIのサステナブル経営体現の施設として、情報通信産業の発展や教育分野に貢献する施設として、さまざまな展示会やイベント・ワークショップなどを企画していきます。

 (参考)

■「KDDI MUSEUM」について

東京都多摩市の宿泊施設「LINK FOREST(https://link-forest.jp/)」内にあり、1871年から約150年間の日本の国際通信の歴史を実物の機器や資料で解説します。また、auブランドで展開する歴代の携帯電話・スマートフォンを一堂に展示するほか、最新の5G/IoT技術を体験できるミュージアムです。

所在地 :東京都多摩市鶴牧3丁目5番地3

営業時間:毎週月曜日~金曜日 10:00~17:00(祝日および当館が定める休館日を除く)

入館料 :一般300円

※来館には事前の予約が必要です。予約は下記、KDDI MUSEUM公式サイトよりお申込みください。

「KDDI MUSEUM」公式サイト( https://www.kddi.com/museum/

■「KDDI MUSEUM」これまでの取り組み

・企画展「災害と通信」(https://www.kddi.com/museum/event/summer2023/report/

開催期間:2023年8月5日~2023年9月29日

・企画展「INFOBAR大百科展」(https://www.kddi.com/museum/event/infobar20th_2023/

開催期間:2023年10月30日~2024年1月19日

・イベント「INFOBAR FRIENDSで学ぶはじめてのピクセルアート」(https://www.kddi.com/museum/event/pixelart_2023/

開催期間:2023年10月28日

・イベント「KDDI MUSEUM 無料見学会」(https://www.kddi.com/museum/event/free_202312/

開催期間:2023年12月2日

※表記の金額は特に記載のある場合を除きすべて税込です。

以上

今では、ケータイのキャリアの1つって感じにもなっていますけれど、基本的には国際通信(国際電話)とかの会社。

海底ケーブルとか、そんな分野でも頑張っていた(いる)。

そこから、IDO -> au として、携帯の MNO から始まって、今に至るかな?

ツーカーとか DDI 、J Phone 、ボーダーフォンとかもあったよね。


コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ