ピックワールド(PIC World)

インフォメーション

この記事は 2024年01月30日 に以下のカテゴリに投稿されました Wi-Fi.

この記事のタグ

, , , ,


MediaTek、「Wi-Fi Alliance(R) Wi-Fi CERTIFIED 7(TM)」製品の第一弾を発表

まだ Wi-Fi 6 にも、自宅は対応していないんですけれど・・

もう少しすると、Wi-Fi 7 に対応した機器が出てくるみたいですよ~

MediaTek、「Wi-Fi Alliance(R) Wi-Fi CERTIFIED 7(TM)」製品の第一弾を発表
メディアテックジャパン株式会社

ネバダ州ラスベガス、2024年 1 月 8 日 — Wi-Fi 7技術をいち早く取り入れた1社であるMediaTekは、Wi-Fi Alliance(R)と緊密に協業し、本日、「Wi-Fi CERTIFIED 7(TM)」製品の第一弾を本格的に市場へ投入することを発表しました。本製品は、CES 2024におけるMediaTekのグローバルエコシステムの一部として公開される予定です。

MediaTek、「Wi-Fi Alliance(R) Wi-Fi CERTIFIED 7(TM)」製品の第一弾を発表

MediaTek、「Wi-Fi Alliance(R) Wi-Fi CERTIFIED 7(TM)」製品の第一弾を発表

生活と生産性を向上させるために人工知能が重要となる現代において、最新のAIツールを活用するためにユーザーと専門家にとって必要となる接続性を、高速で信頼性の高いネットワークが実現します。MediaTek Filogic Wi-Fi CERTIFIED 7チップセットを搭載したデバイスは、ホームゲートウェイ、メッシュルーター、テレビ、ストリーミングデバイス、スマートフォン、タブレット、ノートPCなど、さまざまなコンシューマー製品およびエンタープライズ製品向けに、高速で信頼性の高い常時接続体験を提供します。

MediaTek コーポレートバイスプレジデントの Alan Hsu は、次のように述べています。「テクノロジーリーダーとして、私たちは業界標準となる規格の策定に多大な投資を行うとともに、それらの規格に沿った製品の開発に取り組んでいます。当社の最新製品であるWi-Fi CERTIFIED 7チップセットソリューションファミリーは、Wi-Fi Allianceと協業して、アクセスポイント側とクライアント側の両方にデバイスのテストベッド(開発環境)を提供し、各メーカーの製品認証プロセスを効率化しました。」

Wi-Fi Allianceのプレジデント兼CEOであるKevin Robinson氏は、次のように述べています。「過去20年間、MediaTekはわれわれと協業して、当社が認証した、相互運用性と信頼性の高いチップセットソリューションを市場に提供してきました。MediaTek が当社の Wi-Fi CERTIFIED 7 相互運用性テストベッドに参画し、家庭やオフィス環境での最高のユーザーエクスペリエンスを保証する高品質の Wi-Fi 7 デバイスを市場に投入することは、喜ばしく限りです。」

Wi-Fi 7認証製品は、市場のフラッグシップセグメントからメインストリームにいたるまで、MediaTekの投資とFilogic Wi-Fi 7チップセットファミリーの集大成として公開されます。同ファミリーによって、最終製品のエコシステム全体が豊かになり、市場投入までの時間が短縮され、MediaTek Filogicの技術の効果が、消費者・ブロードバンド・エンタープライズ・自動車の4つの分野に拡大します。

MediaTekは、Wi-Fi Allianceと認証テストベッドの提供について緊密に協業し、Wi-Fi 7の本質を最大限に発揮するFilogic シリーズの880、860、380、360チップセットを開発しました。この協業により、Asus、Buffalo、Hisense Visional Technology、Lenovo、Lumen、TCL、TP-Linkなどのパートナーメーカーが、幅広い製品カテゴリー向けにWi-Fi 7対応機器を提供することが可能になりました。これらの製品の多くは今年中に発売される予定であり、認証取得後はさらに多くのデバイスがこの拡大するエコシステムに加わることが予想されます。

ASUSのゼネラルマネージャーであるRangoon Chang氏は、次のように述べています。「私たちはMediaTekと綿密に協業し、当社の製品ラインナップに最高のコネクティビティを提供してきました。市場をリードするMediaTekのWi-Fi 7ソリューションとのコラボレーションにより、世界中のユーザーにこれまでにない体験を提供することができるでしょう。」

BUFFALOのディレクター兼取締役である田村信弘氏は、次のように述べています。「日本におけるネットワーク製品およびサービスの長年のプロバイダーとして、最新のWi-Fiテクノロジーをいち早く製品に取り入れることは当社にとって非常に重要です。MediaTekが提供する卓越した技術と強固なサポートシステムのおかげで、当社はWi-Fi CERTIFIED 7(TM)接続を利用した新製品を発売し、高い価値を持つ製品をお客様に提供できることを確実なものにしています。」

Lumenのマスマーケット市場部門プレジデントであるMaxine Moreau氏は、次のように述べています。「FilogicのWi-Fi 7技術についてMediaTekと提携することで、当社はQuantum Fiberのお客様に自社開発のWi-Fi 7デバイスを提供する最初のプロバイダーとなることができます。ユーザーは、アプリケーション向けに高速で信頼性が高い常時接続のWi-Fi接続を求めており、MediaTekのWi-Fi 7デバイスがもつ優れた品質により、Wi-Fiイノベーションを新たな高みへと押し上げるでしょう。」

TCLエレクトロニクスのPan-smart Screen部門副ゼネラルマネージャーであるChen Zhanyuan氏は、次のように述べています。「TCL TVは最先端技術により最高のユーザーエクスペリエンスを提供する、というわれわれのコミットメントは、常に揺るぎないものです。MediaTekのWi-Fi 7テクノロジーとの統合により、当社のテレビは、より高いスループット、低遅延、より安定したパフォーマンスを提供することが可能となり、最適なストリーミング品質を確保し、ユーザーの多様なニーズに応えることができます。」

TP-LinkのバイスプレジデントであるPingji Li氏は、次のように述べています。「MediaTekのWi-Fi 7開発への投資は、製品の相互運用性と安定性を保証するものです。MediaTekの長年のパートナーとして、われわれはこの1年でWi-Fi 7に関する協業を大きく前進させ、その結果、当社の製品はより高速で干渉が少なく、より強力なWi-Fi 7ネットワーク体験を提供することになるでしょう。」

MediaTek の Filogic 製品ポートフォリオの詳細については、https://www.mediatek.jp/products/networking-and-connectivity をご覧ください。

MediaTek Inc. について

MediaTek Inc.(台湾証券取引所:2454)は、年間約 20 億台のコネクテッドデバイスを提供しているグローバルファブレス半導体メーカーです。モバイルデバイス、ホームエンターテイメント、コネクティビティ、および IoT 製品向けに革新的なシステムオンチップ(SoC)の開発で市場をリードしています。イノベーションに対する献身的な取り組みにより、電力効率に優れたモバイルテクノロジーや高度なマルチメディアソリューションを含む主要テクノロジー分野で市場を牽引する地位を確立しています。それらの技術はスマートフォン、タブレット、デジタルテレビ、5G、音声アシスタントデバイス(VAD)、ウェアラブル端末、自動車用ソリューションなど幅広い製品において活用されています。MediaTek は、スマートテクノロジーを通じて、人々が視野を広げ、容易に目標を達成出来るようになることを望んでいます。優れたテクノロジーを誰もが利用できるようにし、企業活動の原動力としています。詳しくはこちらのサイトをご覧ください。https://www.mediatek.jp/

以上

いやぁ。すごいなとは思いますけれど。

今のところ Wi-Fi 5 (10年ほど前に制定された規格ですよね)で、スピードなどには不満はないのだけれどなぁ。

どちらかというと、5G もそうだけれど、そのスピードを生かしたコンテンツとかも必要なのではないのでしょうか?

とか思ったり。

でも、新たに入れるのなら、(価格とかも大きく関係するけど)高速・高機能な方が良いものね。

でも、クライアント側の対応だって必要なんだよなぁ。


コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ