ピックワールド(PIC World)

インフォメーション

この記事は 2024年02月09日 に以下のカテゴリに投稿されました Programing.

この記事のタグ

, , , ,


RISC-Vを通じてC言語のポインタを理解する! 『RISC-Vから学ぶC言語 ポインタ理解のためのアセンブリ入門』発行技術の泉シリーズ、1月の新刊

色々な開発言語が存在し、どれを使うか、その特徴や使いやすさで選んだりすることができますが、どうも長くやっていると、ポインタとか構造体とかが使えない言語で開発を行うと、(途中で)かったるくなってくる。

知らなきゃそんなこともないのだろうけれど、知ってしまうとねぇ。

まぁ、好き好きの問題だとも思ったりするけど。

https://amzn.to/3SBzRsJ

RISC-Vを通じてC言語のポインタを理解する! 『RISC-Vから学ぶC言語 ポインタ理解のためのアセンブリ入門』発行技術の泉シリーズ、1月の新刊
株式会社インプレスホールディングス

インプレスグループでIT関連メディア事業を展開する株式会社インプレス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:高橋隆志)は、『RISC-Vから学ぶC言語 ポインタ理解のためのアセンブリ入門』(著者:レ点)をインプレス NextPublishingより発行いたします。
最新の知見を発信する『技術の泉シリーズ』は、「技術書典」や「技術書同人誌博覧会」をはじめとした各種即売会や、勉強会・LT会などで頒布された技術同人誌を底本とした商業書籍を刊行し、技術同人誌の普及と発展に貢献することを目指します。

『RISC-Vから学ぶC言語』
https://nextpublishing.jp/isbn/9784295602361

RISC-Vから学ぶC言語

RISC-Vから学ぶC言語

著者:レ点
小売希望価格:電子書籍版 1,800円(税別)/印刷書籍版 2,000円(税別)
電子書籍版フォーマット:EPUB3
印刷書籍版仕様:B5/カラー/本文50ページ
ISBN:978-4-295-60236-1
発行:インプレス NextPublishing

<<発行主旨・内容紹介>>
本書は、C言語の核となる概念であるポインタを、RISC-Vアセンブリを通じて学ぶことに特化しています。C言語で書かれたポインタのコードをアセンブリ言語に変換し、その過程でポインタの動作と処理を詳細に解説します。さらに、コンピュータアーキテクチャの基礎知識やアセンブリコードの読み解き方も紹介し、読者が実際にコンパイルやシミュレーションを行うことで、ポインタの理解を促進するとともに低レベルの技術への入門を支援します。RISC-Vアーキテクチャに関心のある方にも役立つ内容です。本書は、C言語におけるポインタの理解を深めたい方や、低レベル技術への入門を目指す方に最適です。
(インプレス NextPublishing は、株式会社インプレスR&Dが開発したデジタルファースト型の出版モデルを承継し、幅広い出版企画を電子書籍+オンデマンドによりスピーディで持続可能な形で実現しています。)

<<目次>>
第1章 前提知識
第2章 C言語からアセンブリ言語に変換
第3章 アセンブリでポインタを理解する

<<著者紹介>>
レ点
組み込みエンジニア。C言語、C#、XAML、IoT、Linuxを主に扱っている。趣味では主に低レイヤー技術(自作コンパイラ、自作CPU、Linuxなどの環境構築やビルド)に触れている。具体的な成果物(現在作業中含む)は、Cコンパイラ(x64にアセンブル)の自作、SystemVerilogでのRISC-Vプロセッサの自作、yoctoProjectの環境構築など。

<<販売ストア>>
電子書籍:
Amazon Kindleストア、楽天koboイーブックストア、Apple Books、紀伊國屋書店 Kinoppy、Google Play Store、honto電子書籍ストア、Sony Reader Store、BookLive!、BOOK☆WALKER、BOOK TECH
印刷書籍:
Amazon.co.jp
※各ストアでの販売は準備が整いしだい開始されます。
※全国の一般書店からもご注文いただけます。

<<技術の泉シリーズについて>>
『技術の泉シリーズ』は、技術者の知見のアウトプットである技術同人誌を底本とした、2017年創刊の技術書シリーズです。NextPublishingによるスピーディーな編集制作とプリントオンデマンドによる1冊からの印刷製本により、技術の変化に追従しつつ返品や品切れのないサスティナブルな出版モデルを特徴としています。本シリーズを通じて、エンジニアの“知の結晶”である技術同人誌の世界に、より多くの方が触れていただくきっかけとなることを目指しています。

技術の泉シリーズ

技術の泉シリーズ

【株式会社インプレス】 https://www.impress.co.jp/
シリーズ累計7,500万部突破のパソコン解説書「できる」シリーズ、「デジタルカメラマガジン」等の定期雑誌、IT関連の専門メディアとして国内最大級のアクセスを誇るデジタル総合ニュースサービス「Impress Watchシリーズ」等のコンシューマ向けメディア、「IT Leaders」をはじめとする企業向けIT関連メディアなどを総合的に展開・運営する事業会社です。IT関連出版メディア事業、およびデジタルメディア&サービス事業を幅広く展開しています。

【インプレスグループ】 https://www.impressholdings.com/
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:松本大輔、証券コード:東証スタンダード市場9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「航空・鉄道」「モバイルサービス」「学術・理工学」を主要テーマに専門性の高いメディア&サービスおよびソリューション事業を展開しています。さらに、コンテンツビジネスのプラットフォーム開発・運営も手がけています。

【NextPublishing】
NextPublishingは、インプレスR&Dが開発した電子出版プラットフォーム(またはメソッド)の名称です。電子書籍と印刷書籍の同時制作、プリント・オンデマンド(POD)による品切れ解消などの伝統的出版の課題を解決しています。これにより、伝統的出版では経済的に困難な多品種少部数の出版を可能にし、優秀な個人や組織が持つ多様な知の流通を目指しています。

【本件に関するお問合せ先】
株式会社インプレス : NextPublishing推進室
E-mail: np-info@impress.co.jp

以上

要するに、とりあえず C 言語ってやつを・・っと思うと、(普通は)ぶち当たる壁ってのがこの2つと言われてきた。

が、大したことはないのよ、ちょつとわかっちゃえば。

今では普通のことだから。

昔はそういった考え方がなかったから、なかなか理解できなかったけど、今じゃ普通だもん。

いくらエラーを出しても、誰にも怒られないんだから、たくさん出して覚えましょう。

頑張ってね~。


コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ