ピックワールド(PIC World)

インフォメーション

この記事は 2024年02月24日 に以下のカテゴリに投稿されました IoT.

この記事のタグ

, , ,


株式会社ソラコム 上場承認 – 東京証券取引所グロース市場への上場承認に関するお知らせ

おめでとうございます。

3月26日が楽しみですね。

東京証券取引所グロース市場への上場承認に関するお知らせ
株式会社ソラコム

株式会社ソラコム(本社:東京都港区、代表取締役社長 玉川憲、以下「当社」)は、本日、株式会社東京証券取引所(以下 東京証券取引所)より、当社株式の東京証券取引所グロース市場への新規上場が承認されましたことをお知らせいたします。
なお、上場日は2024年3月26日を予定しており、同日以降は同取引所において、当社株式の売買が可能となります。

ここに謹んでご報告申し上げますとともに、創業以来支えてくださった全てのステークホルダーの皆さまのご支援、ご高配に心より厚く御礼申し上げます。

ソラコムが提供するIoTプラットフォームSORACOMは、IoT向けのデータ通信を軸に、IoTを活用した製品やサービスの開発を加速させ、効率的な運用を支援するグローバルプラットフォームです。多様なコネクティビティを一元的に管理・制御する技術をベースに、製造、エネルギー、インフラ、オートモーティブ、金融などの産業DXから、イノベーティブなスタートアップ、農業や防災など持続可能な地域社会を支える取り組みに至るまで、世界中で600万回線を超えるデバイス(注1)をつないでいます。

当社は、2017年8月にM&AによりKDDIグループに参画し、IoT事業を拡大させてきました。さらなる成長とグローバル展開を加速させるため、2021年6月に、セコム株式会社、ソースネクスト株式会社、ソニーグループ株式会社、日本瓦斯株式会社(ニチガス)、株式会社日立製作所、World Innovation Lab(WiL)の6社と資本提携を含むパートナーシップを発表するとともに、「スイングバイIPO(注2)」による上場の準備を進めてきました。

東京証券取引所グロース市場への上場承認に関するお知らせ - 株式会社ソラコム

東京証券取引所グロース市場への上場承認に関するお知らせ – 株式会社ソラコム

今後も各社と事業および技術の連携を通じて、ビジネス、サービス、プロダクトにおけるイノベーション創出や持続可能な社会を支える取り組みにIoT技術の活用を推進していきます。

ソラコムは、創業当初からのビジョンである「世界中のヒトとモノをつなげ共鳴する社会へ」という変わらぬ想いとともに、IoT技術で社会を進化させるお客さまを支援するグローバルプラットフォームとして、テクノロジーイノベーションとさらなる事業の成長を目指してまいります。

引き続き、変わらぬご支援を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

新規上場承認に関する詳細につきましては、日本取引所グループのウェブサイト「新規上場会社情報(URL)」をご参照ください。

日本取引所グループ「新規上場会社情報」ウェブサイト:

https://www.jpx.co.jp/listing/stocks/new/index.html

■株式会社ソラコムについて

東京証券取引所グロース市場への上場承認に関するお知らせ - 株式会社ソラコム

東京証券取引所グロース市場への上場承認に関するお知らせ – 株式会社ソラコム

(注1)海外法人からの提供を含むSORACOM Airの総回線数。SORACOM Air for セルラー、Sigfox、LoRaWANを含みます。

2023年10月25日ソラコムニュースリリース IoTプラットフォームSORACOMの契約回線数が600万を突破

https://soracom.com/ja-jp/news/20231025-6million-iot-devices-connected/

(注2)スイングバイとは、宇宙の専門用語で宇宙探査機が惑星の重力を利用して加速するということを表現した言葉。KDDIとソラコムでは、スタートアップが大企業のサポートを得て成長し上場を目指すことを、スイングバイIPOと呼んでいます。

ご注意:

この文書は当社株式の東京証券取引所への新規上場の承認について一般に公表することのみを目的とする記者発表文であり、日本国内外を問わず一切の投資勧誘又はそれに類する行為を目的に作成されたものではありません。当社普通株式の募集及び売出しへの投資判断を行うに際しては、必ず当社が作成する「新株式発行並びに株式売出届出目論見書」(並びに訂正事項分)をご覧いただいた上で、投資家ご自身の判断で行うようお願いいたします。

この文書は、米国における証券の募集、購入の勧誘行為の一部をなすものではありません。米国においては、1933年米国証券法に基づいて証券の登録を行うか、又は登録義務からの適用除外を受ける場合を除き、証券の募集又は販売を行うことはできません。なお、本件においては米国における証券の登録を行うことを予定しておりません。

以上

まぁ、株だけ好調って感じが続けば、結構良い初値がつくのでしょうねぇ。

あくまで予想ですけけれど、1.5倍ぐらいになるんじゃぁないかなぁ(自己責任でどうぞ)。


コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ