ピックワールド(PIC World)

インフォメーション

この記事は 2024年02月28日 に以下のカテゴリに投稿されました Smart Phone.

この記事のタグ

, , ,


Xiaomi HyperOS へのアップデートに関するお知らせ – Redmi Note 11

なんだかぽつりぽつりと出てくるね。

対応製品が。

大きな問題は起きていないので、手探りでそれを確認しているってことなのかな?

やっぱり、国内モデル(日本モデル)に対応しないと、反響もあまりないんだよね。

Xiaomi HyperOSへのアップデートに関するお知らせ
小米技術日本株式会社

小米技術日本株式会社(以下「シャオミ・ジャパン」、本社:東京都港区、取締役社長:大沼 彰)は、日本国内向けに販売している一部機種に関し、Xiaomi HyperOSへのOSアップデートを開始いたします。

対象製品であるRedmi Note 11は、本日2024年2月26日より、一部ユーザを対象にアップデートを開始し、順次対象ユーザを拡大してまいります。

Xiaomi HyperOS

Xiaomi HyperOS

Xiaomi HyperOSは「Human x Car x Home」スマートエコシステム向けに設計された、IoT環境に一貫性をもたせ、すべてのエコシステムデバイスを単一の統合されたシステムフレームワークに統合するオペレーティングシステムです。最高のデバイス性能を実現し、一貫したユーザーエクスペリエンスとすべてのシャオミデバイス間でシームレスな接続を促進することを目指しています。

※ スマートフォン、タブレットのXiaomi HyperOSはAndroid™ベースとなり、互換性があります。

■対応機種:

対応機種

対応機種

※ Redmi Note 11のXiaomi HyperOSははAndroid™13ベースになります。

■Xiaomi HyperOSの特徴の一部

パフォーマンスの最適化

さまざまなハードウェアの性能を最適化し、効率的に最大のパフォーマンスを引き出します。システムファームウェアの占有率が大幅に減少、ストレージの読み込み速度の減退もほぼありません。

・タスクの平均時間14%削減

・クリティカルタスクの待機時間72時間削減

・割り込み遅延14%削減

・メッセージの遅延17%削減

・タスク切り替えの遅延16%を削減

UIグラフィックの進化

・複雑なレンダリング表現

・強力なヴィジュアルレンダリング性能

・様々なディスプレイ対応(スマートフォン/タブレット)

・新しいウィンドウコントローラーにより、ウィンドウの形状を簡単に切り替え可能

・分割画面ウィンドウは個別に開閉可能

・Workstationで大画面の生産性の可能性を最大限に引き出します

セキュリティの強化

・エンドトゥエンドのセキュリティ

包括的なハードウェアレベルの保護を備えた、コネクテッド時代のための安全なプライバシーフレームワーク

※ 製品によって、適用されるXiaomi HyperOSの機能は異なる場合があります。

HyperOSの詳細は以下をご参照願います。

https://www.mi.com/jp/hyperos/

Xiaomi について

Xiaomi Corporation(以下Xiaomiと表記)は2010年4月に設立され、2018年7月9日(1810.HK)に香港証券取引所のメインボードに上場しました。Xiaomiは、IoTプラットフォームで接続されるスマートフォンとスマートハードウェアを核とした家電およびスマートデバイスを製造する企業です。

Xiaomiは「ユーザーの友となり、最もクールだと”心から”思ってもらえる企業になる」というビジョンを掲げ、イノベーション、高品質なユーザーエクスペリエンス、効率的な運営を追求しています。当社は、世界中の誰もが革新的なテクノロジーを通じてより良い生活を楽しめるように、適正な価格で優れた製品を製造し続けています。

Xiaomiは、世界をリードするスマートフォン関連企業の1つです。2023年9月、自社ファームウェアであるMIUIの月間アクティブユーザー数(MAU)は世界中で約6億2,300万に達しました。当社はまた、世界をリードするコンシューマIoTプラットフォームを確立しており、2023年9月30日時点で、6億9,900万台以上のスマートデバイス(スマートフォン、ラップトップ、タブレットを除く)が自社のプラットフォームに接続されています。

現在、Xiaomi製品は世界中の100を超える国と地域で販売されています。Xiaomiは2023年8月、5年連続で「Fortune Global 500」にランクインし、順位は360位でした。

Xiaomiは、香港ハンセン指数、ハンセン中国企業指数、ハンセンテック指数、ハンセン中国50指数の構成銘柄です。

以上

最適化が図られて、パフォーマンスが向上しているとのことだけれど、(問題が起きないなら)早く使ってみたいですよね。

でも、国内モデルは、その予定すら明らかではないので、少し先になるのかな?


コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ