ピックワールド(PIC World)

インフォメーション

この記事は 2014年09月23日 に以下のカテゴリに投稿されました 3D Printer.

この記事のタグ

, , , , , , ,


これはおもしろい 3D プリンタ 2とおりの使い方が出来るらしい

実は切削系の 3D プリンタはずいぶん長いこと使っているんです。

もう 10 年以上になるかな?

モデラとかですね。今はもうモデラは使っていないけど、同じローランド DG のセミプロ用の機種だったりするけど。古いけどね。

FLX.ARM

FLX.ARM

こちらは KICKSTARTER で見つけた記事なんだけど、今よく言う(あえてはやってるとは言わないけど)3 D プリンタ(樹脂を出すタイプ)のアタッチメント(?)を変えることにより、樹脂を出すタイプと切削系の 3D プリンタを使い分けることが出来るって機種。

名前はスカラロボットアーム「FLX.ARM」っていうんだね。

アームの動きがすごくおもしろいので、見てください。

違いはやっぱり精度と加工出来る材料が違うことですね。

樹脂を出すタイプは PLC / ABS とかナイロンとかを積層していくけど、切削タイプは木材や金属を削っていってものの形を作るのです。

後は加工出来る形状が違いますね。切削タイプは上から削るので削れないところが出てきますから。

お値段はざっくり ¥200,000 程のようだけど、残念ながら日本からは買えないみたいです。

プロジェクトのページはこちらで確認できます。

投稿者のプロフィール

minorus
minorus
電子機器が大好きです。 プログラムを書くのをお仕事としていたこともあるので、両方できる PIC や Arduino を使って、いろいろな(役にあんまり立たない)ものを作っています。 実は UNIX 関連のお仕事も長かったので、Raspberry Pi もお手の物なのですけれど、これから触る機会が多くなるのかなぁ。 ボチボチ行きますが、お付き合いください。 若いころの写真なので、現時点では、まだ髪の毛は黒くてありますが、お髭は真っ白になりました。 愛車の国鉄特急カラーのカスタムしたリトルカブで、時々、秋月電子通商の八潮店に出没します。

コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ