ピックワールド(PIC World)

インフォメーション

この記事は 2017年01月18日 に以下のカテゴリに投稿されました Game.

この記事のタグ

, , , , , , , , , , ,


Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ) – 3月3日販売開始 29,980円

どうなんだろうねぇ。

これ、真ん中のディスプレイついてる装置(本体)が Android だったら買うかも。

多分違うんだろうなぁ。

逆に Android タブレットにこんなゲームコントローラを付ければよいのかな?

テレビと接続するドックも同梱されるとのことだけれど、HDMI 装備している Android タブレットならいらないし・・

ディスプレイは 6.2 インチとのことなので、7インチタブレットなんてゴロゴロしているしね。

まぁゲーム機なので、どんなゲームがライナップに加わるかが勝負の分かれ目ではあるのだろうけれど、無理なんだからそろそろ専用機ってのからは離れるという考えはないのかなぁ。

Switch and Play
ゲームライフをもっとアクティブに
「Nintendo Switch」
2017年3月3日 29,980円(税別)にて発売
任天堂株式会社
2017年1月13日

Nintendo Switch - 3月3日29980円で販売開始

Nintendo Switch – 3月3日29980円で販売開始

任天堂株式会社(本社:京都市南区、代表取締役社長:君島達己)は、新型ビデオゲーム機「Nintendo Switch™(ニンテンドースイッチ)」を、2017年3月3日にメーカー希望小売価格29,980円(税別)にて発売いたします。

Nintendo Switch - 3月3日29980円で販売開始

Nintendo Switch – 3月3日29980円で販売開始

※同梱されるJoy-Con(L)が「ネオンブルー」・Joy-Con(R)が「ネオンレッド」の組み合わせとなるセットと、2つのJoy-Conの色がいずれも「グレー」となるセットの、2種類の本体セットを発売します。

Nintendo Switch - 3月3日29980円で販売開始

Nintendo Switch – 3月3日29980円で販売開始

Nintendo Switchはご家庭のテレビなどのモニターに接続する家庭用テレビゲーム機でありながら、重さ約300gの本体に6.2インチ液晶画面を装備した持ち運べるテレビゲーム機です。

Nintendo Switch - 3月3日29980円で販売開始

Nintendo Switch – 3月3日29980円で販売開始

本体着脱式コントローラーであるJoy-Con(L)とJoy-Con(R)は、Joy-Conグリップに装着して一つのコントローラーとして使用、それぞれにモーションコントロール機能を搭載したJoy-Con(L)とJoy-Con(R)を別々の手に持って自由に操作、1つを別のプレイヤーに渡して2人仲良く「おすそわけプレイ」、そして2つを本体に装着して本体画面を見ながら携帯モードで操作するなど、遊ぶ場所やゲームの内容そして自分の好みに合わせて、かつてない多彩なプレイスタイルを実現します。また、これまでのゲームコントローラーに採用されてきた機能に加えて、近くのモノとの距離やその形状・動きを認識できる「モーションIRカメラ」や、手に持ったグラスを振ると中の氷がぶつかりあうような感触まで感じ取れる精細な振動を実現する「HD振動」などの新しい仕様を組み込んだJoy-Conは、表現力を持ったゲームコントローラーです。
Nintendo Switchがあれば、据置型ゲーム機のゲーム体験を、Joy-Conが実現する自由なプレイスタイルと共にいつでもどこにでも持ち運べて誰とでも楽しめるだけでなく、最大8台までのゲーム機本体を持ち寄ってローカル通信で遊べます。
本日開催した発表会において社長の君島は、Nintendo Switchを「テレビゲームのプレイスタイルを多様化させる新しい家庭用据置型ゲーム機」と表現し、「Nintendo SwitchのハードやJoy-Conの特性に応じた新しい娯楽の世界をご提供したいと思います」と申し上げました。
数多くのユニークな仕様と、任天堂が過去数十年培ってきたインタラクティブ娯楽のアイデアの数々を結合させたNintendo Switchの特長を活かしたゲームソフトが、任天堂社内開発チーム、そしてパートナー企業の皆様により開発されています。本日の発表会でそのいくつかをご紹介いたしましたが、例えば世界中のファンの皆様に発売を心待ちにしていただいている『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』(メーカー希望小売価格 税別6,980円)と共にNintendo Switchと同時発売タイトルの一つである、『1-2-Switch(ワンツースイッチ)』(同 税別4,980円)は、テレビゲームでありながらテレビ画面を見ずにプレイ相手の目を見つめて、Joy-Conの多彩な表現力を活かして対戦する新感覚のゲームです。当社はこのタイトルが、Nintendo Switchと共にパーティーの定番アイテムになることを期待しています。
ハードウェア、対応ゲームソフト、周辺機器、そしてオンラインサービスや保護者の皆様向けのNintendo Switch専用スマートデバイスアプリなど、Nintendo Switchの詳細は以下の公式サイトにてご確認ください。
https://www.nintendo.co.jp/hardware/switch/
Nintendo Switchは3月3日に日本・米国・カナダ・欧州主要国、豪州、香港などで同日に、3月末までに世界中の数多くの国において発売予定です。
任天堂は、当社IP(知的財産)の積極活用や世界中に普及しているスマートデバイス向けに自社アプリの配信を行う活動などを通じ、今までビデオゲームに興味をお持ちでなかった皆様にも当社IPとゲームに親しんでいただき、また、世界中ですでに6千2百万台普及している携帯型ゲーム機である「ニンテンドー3DS」向けに今後も良質のソフトやワクワクする体験を提供し続け、加えて今年から、ゲーム専用機だけが提供できる圧倒的な娯楽体験をNintendo Switchの発売によって大胆に進化させることで、世界中の一人でも多くの皆様を笑顔にする努力を続けてまいります。

以上

まだこれ以上の詳細は明らかにはなっていないようだけれど、まぁ、独自って奴なんでしょうねぇ。

一応要諦されているゲームのタイトルは以下の通りですが、80社以上の会社が開発に賛同しているそうですよ。

  • ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド(3月3日)
  • 1-2-Switch(3月3日)
  • ARMS(2017年春)
  • Splatoon2(2017年夏)
  • スーパーマリオ オデッセイ(2017年冬)
  • ゼノブレイド2(2017年)
  • EA SPORTS FIFA(未定)
  • ファイアーエムブレム無双(未定)
  • ドラゴンクエストX(未定)
  • ドラゴンクエストXI(未定)
  • ドラゴンクエストヒーローズ 1・1 for Nintendo Switch(未定)
  • 真・女神転生(未定)
  • Project OCTOPATH TRAVELER(未定)
  • セガゲームス 新タイトル(未定)
  • Skyrim(未定)
  • グラスホッパー・マニファクチュア 新タイトル(未定)

日本では1月21日から予約開始(本体セット)です。

投稿者のプロフィール

minorus
minorus
電子機器が大好きです。
プログラムを書くのをお仕事としていたこともあるので、両方できる PIC や Arduino を使って、いろいろな(役にあんまり立たない)ものを作っています。
実は UNIX 関連のお仕事も長かったので、Raspberry Pi もお手の物なのですけれど、これから触る機会が多くなるのかなぁ。
ボチボチ行きますが、お付き合いください。
若いころの写真なので、現時点では、まだ髪の毛は黒くてありますが、お髭は真っ白になりました。
愛車の国鉄特急カラーのカスタムしたリトルカブで、時々、秋月電子通商の八潮店に出没します。

コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ