ピックワールド(PIC World)

インフォメーション

この記事は 2017年03月07日 に以下のカテゴリに投稿されました Others (その他).

この記事のタグ

, , , , , , , , , ,


これは面白い!紙を筒のように丸めることで光る懐中電灯だって – 「PAPER TORCH」+Style が販売開始

これは面白い。

どうなっているのか興味津々。

紙に見えるものを丸めると、懐中電灯になるのですって。

紙に見えるものに、電池とか回路図とかが書かれているということ?

これを丸めると、スイッチが入って光るという?

EL パネルというものがあったけれども、これ結局買う前に販売完了してしまって、実験してみることもできなかったのだけど・・これと似たような感じ?(でもなさそう)

う~ん。まずはご紹介。

電子回路が印刷された紙を筒のように丸めることで光る懐中電灯「PAPER TORCH」を販売開始
ソフトバンク株式会社

ソフトバンク株式会社は、アイデアや試作中の製品を商品化に向けて支援する消費者参加型プラットフォーム「+Style(プラススタイル)」(http://plusstyle.jp/)と、デザインオフィス「nendo(ネンド)」と共同で取り組む、デザイン特化型のIoT商品開発プラットフォーム「DoT.(Design of Things)」発の製品第1弾として、電子回路が印刷された紙を筒のように丸めることで光る懐中電灯「PAPER TORCH(ペーパートーチ)」を、2017年3月2日から50台限定で販売します。
■PAPER TORCH(https://plusstyle.jp/dot/project/papertouch.html

PAPER TORCH - +Style

PAPER TORCH – +Style

「PAPER TORCH」は、紙などに電子回路を印刷する「AgIC株式会社(エージック)」の技術を活用して作られた、筒のように丸めることで光る懐中電灯です。紙に市松模様のデザインが施された電子回路を印刷し、紙の片面にはボタン電池2個とLED7個を、導電性のある接着剤で接着しています。電流経路の距離が長いほど電気抵抗が大きくなり、短いほど小さくなることから、紙をゆったりと巻くと光が弱くなり、きつく巻くと光が強くなるなど紙の巻き方の加減により光の強さを調整できます。また、LEDが紙に触れると色が変わるため、LEDを接着している面を内側にして巻くと白い光に、外側にして巻くとオレンジ色の暖かい光になるといった、光の色の変化を楽しむこともできます。価格は8,000円(税抜き)です。

本製品は、先端のデザインを生み出し続けているデザインオフィス「nendo」と、100年を超える紙の老舗企業である「株式会社竹尾」、 東京大学発のベンチャー企業で紙やフィルム、布などに銀粒子を使ったインクを印刷することで電子基板を作る技術を持つ「AgIC株式会社」の3社による共同プロダクトです。

PAPER TORCH - +Style

PAPER TORCH – +Style

PAPER TORCH - +Style

PAPER TORCH – +Style

PAPER TORCH - +Style

PAPER TORCH – +Style

PAPER TORCH - +Style

PAPER TORCH – +Style

●+Styleはソフトバンク株式会社の商標です。
●SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
●その他、本プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は各社の登録商標または商標です。

以上

導電性を持つ接着剤で配線を行い、電池と LED を組み合わせて点灯するという仕組みですか・・

面白いとは思うのだけれど、道具は道具らしい形を必要としている場合もあるので、どうなのかな?

 

投稿者のプロフィール

minorus
minorus
電子機器が大好きです。
プログラムを書くのをお仕事としていたこともあるので、両方できる PIC や Arduino を使って、いろいろな(役にあんまり立たない)ものを作っています。
実は UNIX 関連のお仕事も長かったので、Raspberry Pi もお手の物なのですけれど、これから触る機会が多くなるのかなぁ。
ボチボチ行きますが、お付き合いください。
若いころの写真なので、現時点では、まだ髪の毛は黒くてありますが、お髭は真っ白になりました。
愛車の国鉄特急カラーのカスタムしたリトルカブで、時々、秋月電子通商の八潮店に出没します。

コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ