ピックワールド(PIC World)

インフォメーション

この記事は 2018年11月06日 に以下のカテゴリに投稿されました IoT.

この記事のタグ

, , , , , , , , ,


これ、便利そうじゃないか!どこでもスマホで応答できるWi-Fiドアホン「留守でもピンポン」動画ショッピングサイト「DISCOVER」で販売開始

我が家もだいぶくたびれてきて、あっちが壊れたこっちが具合悪いなんて、状況になってきた。

インターフォンも、その中の1つ。

困ったことに、なったりならなかったり、状態が安定しないので、最初は単純に接触か?っと疑い、対処したが、時々、鳴らないよ~状態となり、これまた困ったことに、いつの間にか復帰すると言うような状態。

で、様々な製品をとりあえずは見たのだが、まずは最初にどれもお高く、多機能なものが多いことに驚いた。

で、見つけたのがこの製品。

どこでもスマホで応答できるWi-Fiドアホン「留守でもピンポン」動画ショッピングサイト「DISCOVER」で販売開始
外出専用の呼び出しドアホンをもう一つ追加しよう!
DISCOVER株式会社

シェアリングテクノロジーグループのDiscover株式会社(代表取締役社長 千葉史生)は、株式会社ダイトク(代表取締役社長 主代直樹)のブランド、”グランシールド”より展開される「留守でもピンポン」を、動画ショッピングサイト「DISCOVER(https://dis-cover.jp/)」にて“ポストクラウドファンディング”として発売開始しました。

■「留守でもピンポン」ショッピングページ
https://dis-cover.jp/project/view/597

■ポストクラウドファンディングとは
クラウドファンディングでの資金調達が成功し、販売可能となった製品をより早く正確にユーザーへ届けることができ、配送遅延や製品の問題を極力避けることができるサービスです。
また、販売メーカーにとっては、これまでクラウドファンディング終了後の販売先は、Amazonや楽天などの大型プラットフォームなど選択肢が限定的でしたが、ポストクラウドファンディングは、クラウドファンディング終了から大量販売に移行するまでのミドルステージの販売を行うことが可能です。

【「留守でもピンポン」について】
■グランシールド…産業用LED照明・防犯カメラ企画製造を行うダイトク発のブランド

■不在時の配達でもその場で再配達のお願いが可能! 押せばスマホへ連絡が届きます。

■既存のドアホンへ、外出専用の呼び出しドアホンをもう一つ追加しよう!
自宅の留守中、宅配の不在通知や急な訪問で困った事はありませんか? Wi-Fiドアホン「留守でもピンポン」なら、既存のドアホンのように気軽に押せて、しかも手元のスマホでリアルタイム動画で応答できます。まるで家を持ち歩くようなイメージで、いつでもどこでも訪問客の対応ができます。 強力両面テープやネジ止めでお好きな場所にしっかりと固定可能です!カンタン設置で誰でもすぐに使うことができます。

留守でもピンポン

留守でもピンポン

■既存のドアホンへ、外出専用の呼び出しドアホンをもう一つ追加しよう!
自宅の留守中、宅配の不在通知や急な訪問で困った事はありませんか? Wi-Fiドアホン「留守でもピンポン」なら、既存のドアホンのように気軽に押せて、しかも手元のスマホでリアルタイム動画で応答できます。まるで家を持ち歩くようなイメージで、いつでもどこでも訪問客の対応ができます。 強力両面テープやネジ止めでお好きな場所にしっかりと固定可能です!カンタン設置で誰でもすぐに使うことができます。

留守でもピンポン

留守でもピンポン

■インターネット環境下で、世界中どこにいても自分のスマホで応対できます
家の外でも中でも、かんたん通信、押せばスマホへ届きます。

■操作も押すだけ、外出時にお子様とのコミュニケーションもラクラク

留守でもピンポン

留守でもピンポン

以上

お値段はそこそこするが、これを導入すると、子機(室内機)については、どれでも良いということになる。

加えて、機能的にはこれで不満はない(と思われる)ので、良いじゃぁないかと。

ただ、でかそうで、かさばるような感じを受けるし、アプリのアップデートなど、対応してくれるのかなぁと言うのが、チョイ心配。

それと、スマートフォン持ってない、うちの母親は困るかもなと思ったが、インターフォンの位置に使わなくなったスマートフォン置いとけば OK かと。

お値段は、お手頃の7980円(税別、送料込み)だそうだ。

もう少し調べよう。

こんなのも見つけた。

って、いくつかあるのだけれど、こちらの製品はあんまり評判が良くない感じ。

投稿者のプロフィール

minorus
minorus
電子機器が大好きです。
プログラムを書くのをお仕事としていたこともあるので、両方できる PIC や Arduino を使って、いろいろな(役にあんまり立たない)ものを作っています。
実は UNIX 関連のお仕事も長かったので、Raspberry Pi もお手の物なのですけれど、これから触る機会が多くなるのかなぁ。
ボチボチ行きますが、お付き合いください。
若いころの写真なので、現時点では、まだ髪の毛は黒くてありますが、お髭は真っ白になりました。
愛車の国鉄特急カラーのカスタムしたリトルカブで、時々、秋月電子通商の八潮店に出没します。

コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ