ピックワールド(PIC World)

インフォメーション

この記事は 2018年11月29日 に以下のカテゴリに投稿されました IoT.

この記事のタグ

, , , , , , , , , ,


Silicon Labs および Digi International の XBee3 LTE-M 拡張キットの販売を開始

XBee 。

少し前に使っていた人も、多いだろうなと思う。

結構なお値段で、実は躊躇しながらも、

XBee3 LTE-M 拡張キットの販売を開始

XBee3 LTE-M 拡張キットの販売を開始

買った覚えがあるね。

Wi-Fi につなげるには、これしかほうほうがなかったから。

流石に今はそれだけだと、いろいろとあるのだろうと思うけれど、LTE 通信に対応するモジュールが販売されるそうですよ。

マウザー、セルラーIoTプロトタイピングを簡素化する、Silicon LabsおよびDigi InternationalのXBee3 LTE-M 拡張キットの販売を開始
Mouser Electronics, Inc.

XBee3 LTE-M 拡張キットの販売を開始

XBee3 LTE-M 拡張キットの販売を開始

最新の半導体及び電子部品の幅広い品揃えと新製品投入(New Product Introduction: NPI)を行う、ネット販売商社のマウザー・エレクトロニクス(Mouser Electronics、本社: 米国テキサス州マンスフィールド、 以下: マウザー)は、Silicon Labs(シリコン・ラボラトリーズ)社とDigi International(ディジ インターナショナル、以下Digi)社によるLTE-M拡張キットの取り扱いを同業他社に先駆けて開始しました。この新キットは、セルラーIoT(モノのインターネット)アプリケーション開発を迅速に開始できるよう設計されており、超低消費電力アプリケーションのシームレスなクラウド接続を実現します。

マウザーより購入可能な、Silicon Labs LTE-M拡張キットは、Silicon Labs EXPボードとEFM32™ Giant Gecko 11スターター・キット(別売品)で構成されています。EXPボードには、事前認証済みのDigi XBee3™ LTE-M 組み込みモデムモジュールが搭載されており、セキュアな省電力広域ネットワーク(LPWAN:Low Power Wide Area Network)接続環境をクラウドに提供します。さらにEXPボードは、すべてのDigi XBeeスルーホールモジュールと互換性があり、Zigbee、Wi-Fi、3GおよびLTEセルラーなど、幅広い無線接続オプションを提供します。同様にGiant Gecko 11マイクロコントローラも、Geckoマイクロコントローラ、ワイヤレスGeckoシステム・オンチップ(SoC)、および事前認証済みモジュールの全ファミリーと互換性があります。

エンジニアは、標準Digi XBee APIフレームとATコマンド、MicroPython、およびXCTUソフトウェアツールにより、XBee3モジュールの機能追加、コンフィギュレーション、テストが簡単に行えます。Digi Remote Manager®を使うことにより、Digi XBee3モジュールは、シンプルなプラットフォームからコンフィギュレーションと制御が一元的、かつ容易に行えます。またこのモジュールの内蔵Digi TrustFence® セキュリティ、アイデンティティ、およびデータプライバシー機能が、175個以上の制御によって、進化を続ける新たなサイバー攻撃から機器を守ります。

Silicon Labs EFM32 Giant Gecko 11スターター・キットは、32ビットArm® Cortex®-M4コア、2MBのフラッシュ、512KBのRAMを備えた超低消費電力EFM32 Giant Gecko シリーズ1マイクロコントローラを採用しています。キットは、マイクロコントローラの機能の評価を行うためのセンサとペリフェラルを備えており、アプリケーション開発の出発点として使用できます。Giant Gecko 11には、オンボードSEGGER J-Linkデバッガおよび高度なエネルギー・モニタリング・システムが備わっており、これにより外部ツールを使用せずに、アプリケーションの現在のプロファイリングをリアルタイムでプログラム、デバッグ、および実行することができます。

LTE-M拡張キットには、オンボード GPS、ユーザー選択可能な高電力/低電力モード、およびすべてのXBee3ピン用テストポイントが提供されています。キットは、LTE-Mパッチアンテナ、プロトタイピング用に1MBのフリーデータを備えたグローバルnano-SIMカード、およびGiant Gecko 11スターター・キットに向けてすぐ使用できるソフトウェア・デモが含まれています。

詳細については、www.mouser.com/silicon-labs-xbee3-lte-m-expansion-kitをご覧ください。

マウザーは、幅広い製品ラインと優れたカスタマーサービスを通して、先端技術による製品を提供し、設計技術者とバイヤーに向けてイノベーションの推進に貢献できるよう努めています。マウザーは、最新の設計プロジェクトに最適な最新の半導体および電子部品を世界でどこよりも幅広く取り揃えています。マウザーは顧客の設計リードタイムの短縮を支援します。マウザーは単に電子部品を売る会社ではなく、時間と利便性を提供する会社です。マウザーのウェブサイトMouser.comは、絶えず更新されており、ユーザーが素早く製品を探せるよう高度な検索方法を提供しています。またMouser.comでは、データシート、サプライヤ別リファレンスデザイン、アプリケーションノート、技術設計情報、エンジニアリングツールも提供しています。

マウザーについて
マウザー・エレクトロニクスは、バークシャー・ハサウェイ社のグループ企業であり、数々の受賞歴を有する、半導体および電子部品の正規代理店です。提携メーカーの新製品を電子設計技術者およびバイヤーへいち早くお届けすることに注力しています。マウザーのウェブサイトMouser.com は、多言語・多通貨に対応し、700社を超えるメーカーの500万点以上の製品を揃えています。マウザーは、世界23カ所のサポート拠点からクラス最高のカスタマーサービスを提供し、テキサス州ダラス南部にある7万平方メートル(東京ドームの約1.5倍)の施設から、220カ国60万人を超えるお客様に向けて製品を提供しています。詳しくは、http://www.mouser.jp をご覧ください。

シリコン・ラボラトリーズ(Silicon Labs)社について
シリコン・ラボラトリーズは、よりスマートでつながっている世界を実現するためのシリコン、ソフトウェア、およびソリューションを提供する業界大手メーカーです。世界クラスのエンジニアリング部門は、性能、省エネルギー、簡素化を実現する製品の開発に注力し、エレクトロニクス業界の極めて困難な課題を解決します。数々の賞に輝くシリコン・ラボのテクノロジーは、そのイノベーションの実績と共に、IoT(モノのインターネット)、インターネット基盤、産業オートメーション、民生及び自動車市場の未来をつくります。

商標
MouserおよびMouser ElectronicsはMouser Electronics, Inc.の登録商標です。その他記載されているすべての製品名、ロゴおよび会社名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

以上

お値段次第ってところだと思うのですね。

それほどスピードが必要なければ、3G でも良いのだけれど、先のことを考えると、やっぱり LTE になってしまう。

もう少しお値段が下がるとよいのだけれど。

なかなか多機能のようですね。

投稿者のプロフィール

minorus
minorus
電子機器が大好きです。
プログラムを書くのをお仕事としていたこともあるので、両方できる PIC や Arduino を使って、いろいろな(役にあんまり立たない)ものを作っています。
実は UNIX 関連のお仕事も長かったので、Raspberry Pi もお手の物なのですけれど、これから触る機会が多くなるのかなぁ。
ボチボチ行きますが、お付き合いください。
若いころの写真なので、現時点では、まだ髪の毛は黒くてありますが、お髭は真っ白になりました。
愛車の国鉄特急カラーのカスタムしたリトルカブで、時々、秋月電子通商の八潮店に出没します。

コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ