ピックワールド(PIC World)

インフォメーション

この記事は 2019年01月11日 に以下のカテゴリに投稿されました IoT.

この記事のタグ

, , , , , , , , , ,


カーメイトから技適マーク付き OBD2 アダプター – iOS 向け SDK が公開されてる!

これはなかなか面白そう。

ぜひ Android 版の SDK も出して欲しいということを最初に言っとかないと・・

既にちょつと古いお車でも、装備されていると思うよ。

もともとは、エンジンの動作を確認するために付けられている、メンテナンス用のコネクタだけれど、ここには、それこそ、お宝のような(好きな人はね)信号が出てきているのね。

で、なんで技適マークなの?って最初は思ったんだけれど、Bluetooth でそれらのお宝信号を Bluetooth で送ることができるアダプターなのですね。

これを自由に使うことのできる、iOS 用の SDK が、カーメイトから公開されているそうです。

車両情報を活用したスマートフォンアプリが誰でも作成可能に!カーメイトがiOS向けSDKを公開
株式会社カーメイト

株式会社カーメイト(本社:東京都豊島区)は、当社製OBD2アダプター『DriveMate d-OBD(ドライブメイト・ディー・オービーディー)』で取得した車両情報をスマートフォンで活用できるiOS向けソフトウェア・デベロップメント・キット(SDK)『DriveMate d-OBD SDK for iOS 』を平成30年12月17日(月)に公開いたしました。本SDKは、技適マーク付きOBD2アダプター向けとしては国内初※となります。
※ インターネット上の公開情報から当社調べ(国内販売)

―技適マーク―
電波法令で定めている技術基準に適合している無線機であることを証明するマーク

DriveMate d-OBD(ドライブメイト・ディー・オービーディー)

DriveMate d-OBD(ドライブメイト・ディー・オービーディー)

【公開目的】
当社では2010年よりスマートフォンアプリケーション『 DriveMate(ドライブメイト) 』シリーズの開発を始め、2012年からはOBD2アダプターから得た車両情報を活用するアプリケーションの開発にも取り組んできました(下方関連プレスリリース参照)。近年スマートフォンデバイスの普及とともに「IoT(Internet of Things)」が注目を集めていることから、この度『DriveMate d-OBD』を用いて取得した車両情報をアプリケーションを通じてより多くの人に活用してもらうことで、自動車業界のIoTやテレマティクスなど技術の発展に貢献することを目的として本SDKを公開いたしました。

【公開SDK/対応製品】
公開SDK:DriveMate d-OBD SDK for iOS
対応製品: DriveMate d-OBD(DX501)

【SDK特長】
1.19種類のデータを活用できる
『DriveMate d-OBD』を用いて回転数[rpm] 、速度[km/h]、瞬間燃費[m/μl]などの車両情報を取得することができるため、好きな情報をピックアップし、オリジナルアプリの作成ができます
2.電波法令の認可取得済みデバイスと連携
『DriveMate d-OBD』は電波法令の認可を取得しているため、日本国内で安心して使用できます
3.個人・法人・商用・非商用を問わずダウンロード可能

その他詳細はこちらから[https://github.com/DriveMate/sdk-ios-dx501

【取得情報】
『DriveMate d-OBD』から以下19種類の車両情報を取得し、スマートフォンに表示することができます。

回転数[rpm]、速度[km/h]、瞬間燃費[m/μl]、水温[℃]、スロットルポジション、累積走行距離[m]、累積燃料消費量[ml]、燃料カット走行距離[m]、エコドライブ時間[s]、走行距離[m]、最高速度[km/h]、平均速度[km/h]、最高回転数[rpm]、アイドリングストップ時間[s]、アイドリング時間[s]、エコスタート回数、発進停止回数、燃料消費量[ml]、走行時間[s]

【活用用途の例】
■RAZO OnboardCam(レッツォ オンボードカム)(当社製アプリ)
スマートフォンのカメラと各種センサーを使用し、スポーツ走行時の情報を保存。速度、加速度、ラップタイムなどの情報に加え、様々なメーターデザインの中から好きなものを選ぶことで、自分だけの映像を簡単に作成・共有できる。

その他、エンジン回転数や燃費などを表示するメーターやラリーコンピューター、ナビアプリの慣性航法の補助、最高速度や急加速・急減速の検知などの安全運転診断といった切り口での活用も可能です。

【取得方法】
GitHub上でダウンロード可能: https://github.com/DriveMate/sdk-ios-dx501

【関連情報】
DriveMate: http://www.drivemate.jp/
DriveMate d-OBD: http://www.carmate.co.jp/products/detail/5213/DX501/
RAZO OnboardCam : http://www.carmate.co.jp/products/detail/6204/DX019/

【関連プレスリリース】
2012年3月 http://www.carmate.co.jp/press/2012/03/obd-iphone1-drivemate-ecoaccel.html

2014年2月 http://www.carmate.co.jp/press/2014/02/drivematesmart-access.html

2014年10月 http://www.carmate.co.jp/press/2014/10/obd2drivemate-ecorda.html

以上

う~ん。

何度考えても惜しい。

iOS だけなんて・・

よのなかのオッサンは、iPhone なんて買えないから、みんな Android なんだよって言ってみる・・うそ(かも)。

開発環境は有るけどさ、プラットホームが、古いのしかありましぇん。

(泣)

参考にさせてもらって、自分でやりゃぁ良いんだけどね。

いろいろと遊べると思う。

でもまぁ、素晴らしいことだ!

しかしまぁ、カー用品やさんが GitHub とはねぇ。

そういう時代になったのか。

って今の車は全部エレクトロニクスとソフトウエアだもんなぁ。

大陸製のパチもんは、結構出ているんだけどね。

投稿者のプロフィール

minorus
minorus
電子機器が大好きです。
プログラムを書くのをお仕事としていたこともあるので、両方できる PIC や Arduino を使って、いろいろな(役にあんまり立たない)ものを作っています。
実は UNIX 関連のお仕事も長かったので、Raspberry Pi もお手の物なのですけれど、これから触る機会が多くなるのかなぁ。
ボチボチ行きますが、お付き合いください。
若いころの写真なので、現時点では、まだ髪の毛は黒くてありますが、お髭は真っ白になりました。
愛車の国鉄特急カラーのカスタムしたリトルカブで、時々、秋月電子通商の八潮店に出没します。

コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ