ピックワールド(PIC World)

インフォメーション

この記事は 2019年05月06日 に以下のカテゴリに投稿されました Audio.

この記事のタグ

, , , , , , ,


never young beach × TEAC オリジナルアナログターンテーブル『TN-100NYB』新発売

お手頃な価格のアナログターンテーブル。

TEAC の製品。

このぐらいなら、聞きたい!って思ったときに買える(かも)。

never young beach × TEAC オリジナルアナログターンテーブル『TN-100NYB』新発売
ティアック株式会社

ティアック株式会社(本社:東京都多摩市、代表取締役社長:英 裕治)は株式会社JVCケンウッド・ビクターエンタテイメント様所属の音楽バンドnever young beachとコラボレーションしたアナログターンテーブル『TN-100NYB(never young beachオリジナルアナログターンテーブル)』をVICTOR ONLINE STORE、WIZYにて予約受付・販売をいたします。
本格的な仕様と使い易さで定評のあるアナログターンテーブル(レコードプレーヤー)を手掛けるティアックがnever young beachとコラボレーションして誕生したのが『TN-100NYB(never young beachオリジナルアナログターンテーブル)』です。

TEAC TN-100NYB

TEAC TN-100NYB

『TN-100NYB (never young beachオリジナルアナログターンテーブル)』
https://teac.jp/jp/product/tn-100nyb/

本格的な仕様と使い易さで定評のあるアナログターンテーブル(レコードプレーヤー)を手掛けるティアックがnever young beachとコラボレーションして誕生したのが『TN-100NYB(never young beachオリジナルアナログターンテーブル)』です。

デザインは「YASHINOKI HOUSE」ジャケットイラストレーターのオオニシアキオ氏が担当。
never young beachオリジナルスリップマット、ターンテーブルボディ、パッケージボックス仕様。

ターンテーブルとしては3スピード対応のベルトドライブ方式を採用。カートリッジも装着済みで、お手持ちのラジカセやポータブルスピーカーに付属品のケーブルを繋げばすぐにレコードを再生可能な簡単設計です。

【特長】
・never young beach特別仕様のアナログターンテーブル
・オオニシアキオ氏によるオリジナルデザインのスリップマット、ターンテーブルボディ、パッケージボックス
・主要なパーツをマウントするコア材に高密度MDFを採用し、スリムな外観と高い剛性・制振性を確保
・高トルク型DCモーターで駆動する3スピードベルトドライブ式
・MM型カートリッジをあらかじめ装着済のため、すぐにレコード再生が可能
・オートリターン式のスタティックバランス型ストレートトーンアーム
・MM型カートリッジ対応の高音質フォノイコライザーアンプ内蔵(ライン出力/フォノ出力切替式)
・USBデジタル出力を搭載しており、CD品質のデジタルオーディオでパソコンで録音可能
・衝撃吸収性能に優れたインシュレーターにより、高いハウリングマージンを実現
・RCAオーディオケーブル、およびRCA-ステレオミニ変換ケーブル付属

TEAC TN-100NYB

TEAC TN-100NYB

【仕様】
詳細仕様はウェブサイトをご確認ください。

【製品ページ】
https://teac.jp/jp/product/tn-100nyb/

【予約受付・販売サイト】
VICTOR ONLIE STORE https://victor-store.jp/item/71147/
WIZY https://wizy.jp/project/176/
予約受付期間:2019年4月24日(水)~5月31日(金)
※数量限定生産品のため、完売次第、予約受付終了となります。
発送:2019年8月1日から順次発送予定

【never young beachについて】
安部勇磨-Abe Yuma-(Vo&Gt)
阿南智史-Anan Satoshi-(Gt)
巽 啓伍-Tatsumi Keigo-(Ba)
鈴木健人-Suzuki Kento-(Dr)

never young beach

never young beach

TEAC TN-100NYB

TEAC TN-100NYB

これを機会にレコードに触れる人が1人でもいたら嬉しいです。レコード好きな人も初めての人も、是非。
never young beach 安部勇磨

2014年春に宅録ユニットとして活動開始。同年8月に阿南、巽、鈴木が加入。数々のライブ・フェス結成出演と共に2枚のアルバムを発表。、2017年に3rdアルバム『A GOOD TIME』をスピードスターレコーズよりリリース、メジャーデビュ。2018年メンバー脱退を経て発表したシングル『うつらない/歩いてみたら』は10インチ・アナログ盤とストリーミングのみでリリース。 2019年5月8日ニューアルバム『STORY』発売。never young beachオフィシャルサイト http://neveryoungbeach.jp/

以上

オーディオというと、なかなか高額で手が出ないというイメージもあるかもしれない。

でも、こういった製品で入門して、その後にそういった機器が買えると、違いもわかるというものなのですよ。

こういった製品は、もっと歓迎されて良いと思うんだけど?

機材がお高くて入門すら考えちゃうって人も多いでしょう。

投稿者のプロフィール

minorus
minorus
電子機器が大好きです。
プログラムを書くのをお仕事としていたこともあるので、両方できる PIC や Arduino を使って、いろいろな(役にあんまり立たない)ものを作っています。
実は UNIX 関連のお仕事も長かったので、Raspberry Pi もお手の物なのですけれど、これから触る機会が多くなるのかなぁ。
ボチボチ行きますが、お付き合いください。
若いころの写真なので、現時点では、まだ髪の毛は黒くてありますが、お髭は真っ白になりました。
愛車の国鉄特急カラーのカスタムしたリトルカブで、時々、秋月電子通商の八潮店に出没します。

コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ