ピックワールド(PIC World)

インフォメーション

この記事は 2019年05月26日 に以下のカテゴリに投稿されました Tablet.

この記事のタグ

, , , , , , , ,


Amazon が、新世代のタブレット「Amazon Fire 7」を発売

7~8インチぐらいの大きさのタブレットは、何かと使いやすい。

古いモデルをまだ使っているけれど、良いタイミングに出してくるものだと、感心しちゃうぐらい。

おまけにお値段も、これ、ガンガン使ってねといっているように思われる、とてもお安い。

多分同社のスマートスピーカーのエントリーモデルと同額程度だと思う。

で、Alexa も搭載されているんだから、お得感満点。

Amazon、新世代のタブレット「Amazon Fire 7」を発売
アマゾンジャパン合同会社

~ より速いプロセッサーと2倍のストレージを搭載、Amazon Alexaのハンズフリーモードにも対応し5,980円*1より提供 ~

~ エンターテイメントに特化し、自宅や外出先でもお気に入りの映画や書籍、音楽、ゲームを楽しめる ~

~ Alexaに呼び掛けて、楽曲再生やビデオ視聴、オーディオブックが聞けるほかニュースの確認やビデオ通話も可能に~

Amazon Fire 7

Amazon Fire 7

Amazonは本日5月16日(木)、エンターテインメントをよりお楽しみいただき易くなる、新世代のタブレット「Amazon Fire 7」の販売開始を発表いたしました。新しいAmazon Fire 7は、より速いプロセッサーと16GBの内部ストレージを搭載したことにより、ビデオ、音楽、ゲーム、書籍を外出先でも快適に楽しめるとともに、音声だけでAlexaにアクセスできるハンズフリーモードに対応しています。価格は16GBモデルが5,980円(税込)で、32GBが7,980円(税込)、いずれもAmazon.co.jp( https://www.amazon.co.jp/fire7 )にて本日から予約受付が開始され、出荷開始は6月6日(木)を予定しています。

Amazon.com デバイス担当ヴァイス・プレジデントのケビン・キース(Kevin Keith)は、次のように述べています。
「Fire 7は世界でこれまでに数千万台をお客様にご購入いただいているタブレットです。この手頃な価格を保ちながら、より速いプロセッサーと2倍のストレージの搭載を実現したことにより、お客様はご自宅や外出先で、より多くのお気に入りのエンターテインメントコンテンツをお楽みいただくことが可能になりました。そして、Fire 7でAlexaにハンズフリーでアクセスすることで、今まで以上に簡単にニュースを確認したり、レシピを見つけたり、また音楽を聴いたりできるようになりました。」

新世代のAmazon Fire 7には、以下の機能が含まれます。

・より速いプロセッサー
クアッドコア1.3GHzのプロセッサーを使用し、アプリやビデオ、ブラウザなどの迅速かつ容易な切り替えを実現
・2倍になったストレージ
16GBまたは32GBの内蔵ストレージを装備。さらに512GBまでストレージできるmicroSDカード(別売)を使用すれば、同カードにもアプリをインストールすることができ、移動中でもさらに多くのビデオ、音楽、ゲーム、写真を楽しむことが可能
・Alexaのハンズフリーモード
Wi-Fi接続時には、スクリーンが待機中であっても、お客様の声でAlexaと呼び掛けるだけで、Alexaが反応。天気や最新のニュースを聞いたり、野球の試合結果やレシピの確認や、ビデオ通話が可能。Alexa機能は、お使いのデバイス設定で簡単にオン・オフの切り替えに対応
・鮮やかなディスプレイ
Amazon Fireタブレットシリーズの中でも軽く、正確な色を再現する高品質の7インチIPSディスプレイを搭載
・耐久性
自社のランダム落下試験で、Fire 7は最新のiPad miniの2倍の耐久性が確認されており、落下や日常起こりうる摩擦やキズに対しての耐久性も確認
・バッテリー持続時間
最大7時間の読書、音楽、TV番組や映画の視聴、Webの閲覧などが可能
・フロントとリアカメラ
HD 720pのフロントカメラで友人や家族とビデオチャットをお楽しみいただけるほか、写真を撮って共有したり、Fire7で撮影した写真は容量無制限のクラウドストレージで保存することも可能
・高速なWi-Fi接続
素早いビデオストリーミングを可能にするデュアルバンドWi-Fiをサポート
・Amazon独自のFireタブレットの機能
ASAP、For You、X-Ray、Second Screen、Amazon FreeTime、Blue Shade、On Deck、Prime Videoのダウンロードなど、Amazon特有の機能の利用が可能。詳細については、こちら( https://www.amazon.co.jp/fire7)をご覧ください。
・スクリーンシェア
スクリーン上のどの機能もリモートで、Amazonのカスタマーサポートを24時間年中無休かつ無料で利用可能

FireならAmazonプライムがさらに楽しい
Fire 7は、Amazonプライムにご加入いただくと、よりいっそうお楽しみいただけます。プライムメンバーは以下をご利用いただけます。
・Prime Videoで受賞した映画やPrime Original作品など、会員特典対象の数千本もの人気映画やテレビ番組をご覧いただけます。
・Prime Musicで100万曲以上をお楽しみいただけます。「アレクサ、音楽を流して」と話しかけるだけで楽曲を再生することが可能です。
・Prime Readingを利用すれば、数百冊の書籍や雑誌を追加料金なしでお楽しみいただけます。
・Amazon Photosに容量無制限に何枚でも写真を保存できます。また、ビデオや文書、その他のファイルを保存するために5GB分のストレージをご利用いただけます。
・アメリカ合衆国のTwitch社が提供するTwitchをご利用のAmazonプライム会員は、TwitchのアカウントをAmazonプライムのアカウントと紐づけることにより、Twitchにて、無料のスポンサー登録、無料ゲームへのアクセスなどがご利用いただけます。

Amazonプライムの詳細と30日間の無料体験はこちら( https://www.amazon.co.jp/prime )をご覧ください。

新しい次世代のFire 7の色はブラック、価格は16GBモデルが5,980円(税込)、32GBモデルが7,980円(税込)です。いずれも本日から、Amazon.co.jp ( https://www.amazon.co.jp/fire7 )で予約受付が開始され、出荷開始は6月6日(木)を予定しています。Fire 7の純正カバーを利用いただくと、縦および横方向いずれもタブレットを立たせることができ、カバーの色はセージ、チャコールブラック、プラム、サンドオレンジ、トワイライトブルーよりお選びいただけます。なお、純正カバーの価格は2,690円(税込)です。

また、Fire 7は6月6日(木)より、エディオン、ケーズデンキ、ジョーシン、蔦屋家電など、日本全国の家電量販店200店舗以上でも販売開始を予定しており、店頭で実際にお試しいただくことが可能です。

Amazonは新世代Fire 7の発売に合わせ、本日、Fireタブレットシリーズのキッズモデルに新型の「Fire 7キッズモデル」を追加し、11,980円(税込)で本日より予約受付を開始いたします。詳しい情報はこちら( https://www.amazon.co.jp/fire7kidsmodel )をご覧ください。

*1 価格はAmazon.co.jpでの販売価格です。出荷開始日は変更になる可能性があります。

Amazonについて
Amazonは4つの理念を指針としています。競合他社ではなくお客様を起点にすること、創造への情熱、優れた運営へのこだわり、そして長期的な発想です。カスタマーレビュー、1-Click注文、パーソナライズされたおすすめ商品機能、Amazonプライム、フルフィルメント by Amazon(FBA)、アマゾン ウェブ サービス(AWS)、Kindle ダイレクト・パブリッシング、Kindle、Fire タブレット、Fire TV、Amazon Echo、Alexaなどは、Amazonが先駆けて提供している商品やサービスです。

以上

前のモデルよりもずっと早いとは思うのだけれど、あまり期待しないで、電子書籍を読むとか、SNS を見るとか、そんな使い方が良いみたい。

枕の隣にいつもおいてあるけれど、何かと便利ですよ~

でもこれ、確か四千円切ってたような気がするんだけどな?

タイムセールか何かで買ったような気がする。

投稿者のプロフィール

minorus
minorus
電子機器が大好きです。
プログラムを書くのをお仕事としていたこともあるので、両方できる PIC や Arduino を使って、いろいろな(役にあんまり立たない)ものを作っています。
実は UNIX 関連のお仕事も長かったので、Raspberry Pi もお手の物なのですけれど、これから触る機会が多くなるのかなぁ。
ボチボチ行きますが、お付き合いください。
若いころの写真なので、現時点では、まだ髪の毛は黒くてありますが、お髭は真っ白になりました。
愛車の国鉄特急カラーのカスタムしたリトルカブで、時々、秋月電子通商の八潮店に出没します。

コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ