ピックワールド(PIC World)

インフォメーション

この記事は 2016年04月15日 に以下のカテゴリに投稿されました Others (その他).

この記事のタグ

, , , , , , , , , , , ,


Kindle Oasis 新登場、Kindle 史上最も薄く最も軽い – っが超強気なお値段にこれまたビックリ!

twitter で事前に Jeff Bezos さんが予言していましたものねぇ。

重さや使いかってなど、今までのモデルから良いところを引き継ぎ、物理的なページ送りのボタンも復活しているこの Kindle Oasis ですが、質感も高く、専用のケースを装着すると、数か月は充電不要で使い続けることができるというのはすごいことです。

ですが、驚いたのはそのお値段。

まさかこんな価格で出すとは、思っていなかった・・

モデルは Wi-Fi モデルのほか 3G 対応モデルも用意されますが、Wi-Fi モデルは37,800円(税込)またはロック画面にキャンペーン情報を表示することを了承すると35,980円(税込)となるとのこと。

3G 対応モデルは、43,190円(税込)で同じくキャンペーンありの場合は 41,190円(税込)ですって。

このお値段、ASUS などの Android タブレットも楽々買うことのできるお値段。

あちゃ~という感じではありますが、画像で見ているだけですが、なかなかこの質感は出せるものではないように思います。

でも、電子書籍の専用端末って、タブレット市場の中でも 1割りに満たないのですけれど・・

もしかしたら、またまた加えてアマゾンプライム向けの素晴らしい特典が追加こともあるかもしれないと思わせますね。

Kindle Oasis 新登場 — Kindle 史上最も薄く最も軽い
重さを感じさせないデザイン—驚くほど薄く、エルゴノミクスデザインで重心が手の中に納まる完璧なバランスのボディ、片手でも長時間の読書が快適に
これまでのKindle より平均30%薄く、20% 以上軽い
デュアルバッテリー充電方式でKindle史上最長の駆動時間—付属のバッテリー内蔵レザーカバーを付ければ数か月間充電不要

今から8年前、世界中のあらゆる書籍を直ぐに手に入れ読書を可能にするために、初めてKindle を発表しました。それ以来、デバイスの存在すら忘れさせ著者のストーリーに没頭できるようにというミッションのもと、より小型でより軽くより速いKindle をリリースし続けてきました。本日、Amazonはこのミッションの次の大きな一歩となる、Kindle Oasisを 発表いたします。Kindle の第8世代となるKindle Oasisは読書家のためにゼロから再設計したものです。新発想のデザインは、驚くほど薄くて軽く、付属のバッテリー内蔵カバー装着で数か月のバッテリー寿命を実現します。Kindle Oasis は4月13日から予約を開始しました。価格は35,980円(税込)からで、4月27日に出荷を開始する予定です。詳しくはこちら( http://www.amazon.co.jp/kindleoasis/ )をご覧ください。

Kindle Oasis 新登場

Kindle Oasis 新登場

Amazon.comの創業者兼最高経営責任者であるジェフ・ベゾスは次のように述べています。「ゆっくりくつろいで読書に没頭するためには、誰にも邪魔されないあなただけの場所が必要です。私たちの望みはKindleの存在すら完全に忘れさせることであり、Kindle Oasis はそのミッションへの大きなステップです。これまでに最も進化したKindleであり、薄くて超軽量、その存在すら忘れさせ著者の世界に没頭できます。」

Kindle Oasis

Kindle Oasis

Kindle Oasis
全く新しいデザイン — Kindle 史上、最も薄く最も軽い
新しいKindle Oasis はあなたがこれまでに体験したことのないKindleです。驚くほど薄いディスプレイ、エルゴノミクス・グリップ、重さ131g、最薄部 3.4mm、これまでのKindle より平均30%薄く、20% 以上軽い。これを実現するためにKindle Oasis は、高剛性プレーティングされた超軽量のポリマー樹脂フレームを使用。これにより驚くほど軽いにもかかわらず金属の強さと剛性を併せ持ち、どこにでも安心して持ち歩けます。

快適で読書を続けたくなるデザイン
Kindle Oasis は快適に読書を続けられるようにデザインされました。新発想のデザインにより重心位置を持ち手側にシフトさせることで、端末は手の中で、まるで本の背表紙のようにしっくり落ち着きます。ページめくりは画面をタッチしても、グリップ上のボタンを使っても簡単に行えます。Kindle Oasis は左右どちらの手でも快適に読書できます。内蔵された加速度センサーが左右どちらの手で持っているかを認識し、自動でページの上下を反転させ、ページめくりボタンの方向も自動調整します。

Kindle Oasis

Kindle Oasis

デュアルバッテリーで数か月の駆動時間
Kindle Oasis は新しいデュアルバッテリーシステムを採用しました。付属のバッテリー内蔵レザーカバーをKindle Oasis に装着すると、カバーからKindle Oasisに自動で充電が始まります。カバー内蔵のバッテリーは新開発のバッテリーセルで、信じられないほど小型で軽量にもかかわらず高出力と電力消費を最適化し、数か月のバッテリー寿命を実現しました。充電ケーブルに繋ぎ、カバーを端末に装着すれば、端末とカバーの両方のバッテリーを同時に充電します。さらに、Kindle Oasis が休止状態の時には、新たなハイバネーションモードにより電力消費を最小限にします。
付属のバッテリー内蔵レザーカバーは高品質の本革製で、ブラック、メルロー、ウォルナットの3色が用意されています。装着すると端末と一体化し、本の表紙のように開閉することができます。カバーを閉じるとKindle Oasisが自動的にスリープし、開くとスリープが解除されます。カバーの装着に使用している12個のマグネットが端末とカバーをしっかり固定、取り外しも簡単です。

次世代Paperwhite ディスプレイ
Kindle Oasisには最新世代の300 ppiの高解像度Paperwhite ディスプレイを採用。くっきりと明瞭な文字で読書を楽しめます。再設計された内蔵フロントライトはこれまでのKindleより60% 多くのLEDを使用し、また円筒形の回折パターンを採用することで明るさの均一性とスクリーンの輝度を向上させ、さまざまな光の下でさらに読みやすくなりました。Kindle Oasis で初めて使用されている新しいPaperwhite ディスプレイは、革新的な薄さ200 ミクロンのディスプレイ基盤を採用し、化学強化されたカバーガラスと合わせ、カバンに入れてどこにでも持ち運べる強度を併せ持っています。

Kindle シリーズは Kindle、Kindle Paperwhite、Kindle Voyage、Kindle Oasisの全4種
Kindle Oasis はKindle シリーズに追加された最新端末です。全てのKindle 電子書籍リーダーは読書のために専用設計されているので本の世界に没頭できます。タブレットやスマートフォンと違い、SNSや メールで読書を妨げられることがありません。また目に優しいディスプレイで何時間でも疲れずに読書を続けることができます。Kindle シリーズからあなたに合った最適なKindleを見つけてください。 •Kindle、最もお求めやすい電子書籍リーダー。Whispersync や辞書検索機能などKindle 共通の機能を搭載。価格は8,980円(税込)から。

  • Kindle Paperwhite、最も売れているKindle。高解像度ディスプレイ、明るさ調節可能なフロントライト搭載。価格は14,280円(税込)から。
  • Kindle Voyage、高解像度・高コントラストディスプレイ、自動調節フロントライト、ページめくりボタン搭載。価格は23,980円(税込)から。
  • Kindle Oasis、最も薄く最も軽いKindle、全く新しいエルゴノミクスデザイン、ページめくりボタン、バッテリー内蔵レザーカバー付属、カバー装着時数か月のバッテリー寿命、デュアル充電システム搭載。価格は 35,980円(税込)から。

Kindle シリーズの共通特徴
8年間、世界で最も売れ続けている電子書籍リーダー、Kindleシリーズの機能を備えた新Kindle Oasis

  • 紙の本のような読み心地: 明るい太陽の下でも反射が少なく目が疲れにくく読書ができます。
  • 数週間使用可能なバッテリー: Kindle電子書籍リーダーは、1回の充電で数週間バッテリーが持続します。(ワイヤレス接続オフで1日30分使用した場合)
  • 簡単設定: Kindle電子書籍リーダーは購入時のアカウントが登録された状態で届くため、お手元に届いてすぐにKindle本の購入も読書も開始できます。(Amazon.co.jpで購入の場合。Wi-Fiおよびインターネットへの接続が必要です。
  • Whispersync: 読書の進捗やブックマーク、注釈がすべての端末間で同期され、どの端末からでも、すぐに本の続きを読み始められます。
  • 無料バックアップ: Kindle本は全て自動でクラウドにバックアップされているので、本を失くしてしまう心配はありません。クラウドに保管されているKindle本はいつでも無料で再ダウンロードできます。
  • X-Ray: 本の「骨格」を即座にチェック。書籍に含まれる主要キーワードを抽出し、登場人物、場所、トピックを一覧表示します。
  • Word Wise: この機能に対応する英語の書籍では、難しい単語の上に簡単な単語で意味が表示されるので、英語の本をより簡単に読み進められます。
  • リーディングタイム: 読者の読書スピードから計算して、読んでいる章や本を読み終えるまでにかかる時間を表示します。
  • 単語帳: 辞書で調べた単語を自動的に単語帳に追加。単語帳機能を使って語彙を確認したり、テストしたり、用例を参照できます。
  • お気に入りページをシェア: FacebookやTwitterで、本のお薦めコメントやハイライト、引用などを友人とシェアできます。
  • 進化した検索機能: 辞書とウィキペディア、X-Ray を統合した検索機能を搭載しています。

世界で最も親しまれている電子書籍ストア
Kindle電子書籍リーダーからもKindleストアに簡単にアクセスできます。

  • 豊富な品揃え: 40万タイトル以上の和書を含む450万タイトル以上のKindle本が揃っています。
  • ベストセラーも低価格で: Kindleストアでは最新のベストセラーやKindle Singles、またコミックなど、豊富な品揃えを低価格でご用意しています。

Kindle Oasis は4月13日から予約を開始しました。価格は35,980円(税込)からで、4月27日から出荷を開始予定です。詳しくはこちら(http://www.amazon.co.jp/kindleoasis/)をご覧ください。

※価格はいずれもAmazon.co.jpでの販売価格及びメーカー希望小売価格です。
※※出荷開始日は変更になる場合がございます。
※※※本製品はAmazon.co.jpのみでのお取扱いとなります。

Amazonについて
Amazonは、1995年7月にWorld Wide Web上でスタートしました。Amazonは4つの理念を指針としています。競合他社ではなくお客様を起点にすること、創造への情熱、優れた運営へのこだわり、そして長期的な発想です。カスタマーレビュー、1-Click注文、パーソナライズされたおすすめ商品機能、Amazonプライム、フルフィルメントby Amazon(FBA)、アマゾン ウェブ サービス(AWS)、Kindle ダイレクト・パブリッシング、Kindle、Fire タブレット、Fire TV、Amazon Echo、Alexaなどは、Amazonが先駆けて提供している商品やサービスです。

個人的には文庫本サイズで開いて本物の本みたいになる電子書籍端末がほしいけどな。

本って海外だと大きさ違うから、日本のメーカーが作るしかないと思うけど。

ペーパーパックの大きさならいいか?


コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ