ピックワールド(PIC World)

インフォメーション

この記事は 2019年08月09日 に以下のカテゴリに投稿されました E コマース.

この記事のタグ

, , , , , , , , , , , ,


EC を多用するショッパーは年間 30 回以上ネットスーパーを利用

ネットスーパーねぇ。

あるのは知ってはいるけれど、使ったこと無いな。

年間30回以上?

Amazon ならコレぐらいは軽く使ってる。

食材は、見て選びたいけれど、そうも行かない事情があるんじゃないの?

ECを多用するショッパーは年間30回以上ネットスーパーを利用
ショッパーの業態使い分けパターン分析でECでの食品・日用品の購買実態が明らかに
公益財団法人流通経済研究所

公益財団法人流通経済研究所は、eコマース(EC)による食品・日用品販売の現状を把握するため、ショッパーの業態の使い分けパターンを分析しました※1。
食品・日用品は、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、ドラッグストアなどの実店舗業態に加え、EC(Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングなど)やネットスーパーといった無店舗業態も販売を強化しており、業態間での需要の奪い合いが激化しています。今回は、その動向に注目が集まる、食品・日用品のECでの購買実態について紹介します。
本分析では、食品・日用品の購買を対象とし、2018年1年間の消費者購買データ(QPR™、株式会社エムキューブが収集するパネル購買履歴データ)を用いています(生鮮食品や総菜は含みません)。
<分析結果の紹介>
ショッパーの業態使い分けは9パターンで、それぞれの人数構成比は図1の通りです。なお、パターン名称は、各業態での購買率の相対的な高さに応じて決定しました。

図 1 業態使い分けパターン別の人数構成比

図 1 業態使い分けパターン別の人数構成比

人数構成比が上位のパターンは、いずれもスーパーマーケットでの購買回数構成比が高いのですが、「スーパー・ドラッグストア併用」の人数構成比が最も高く、「スーパー・コンビニエンスストア併用」や「多業態併用」の人数構成比も高いことから、食品の需要獲得を巡り、各業態が熾烈な競争を繰り広げている様子がうかがえます。

「EC多用」というパターンは、人数構成比は低いものの、ECやネットスーパーにおける購買率(1年間の購買経験率、図2)、購買頻度(図3)が相対的に高いことがわかりました。また、「多業態併用」や「スーパー・生協併用」でもECの購買率と購買頻度が相対的に高くなっています。

図 2 業態使い分けパターン別の「EC」および「ネットスーパー」における購買率

図 2 業態使い分けパターン別の「EC」および「ネットスーパー」における購買率

図 3 業態使い分けパターン別の「EC」および「ネットスーパー」における購買頻度

図 3 業態使い分けパターン別の「EC」および「ネットスーパー」における購買頻度

経済産業省の推計※2によれば、2018年時点のEC化率は、「食品、飲料、酒類」では2.64%、「化粧品・医薬品」では5.80%であり、いずれも低水準ですが、「EC多用」や「多業態併用」などのショッパーが増加すれば、これらの分野でEC化率が更に高まると考えられます。

なお、今回の分析では、「EC多用」パターンのショッパーは、「北陸・甲信越」、「九州」、「四国」で高いことがわかっています。店舗密度が相対的に低いエリアでは、スーパーマーケットなどの代替としてECが多く利用されていることがうかがえます。

<ネット・ショッパー研究会について>
流通経済研究所では、2018年度より、ECやネットスーパーにおけるショッパーの購買行動や意識面の特徴を把握すること、ならびに、対応のあり方を検討する場として、「ネット・ショッパー研究会」を開催しています。本研究会では、これまでに、消費者購買データ分析や、消費者調査、グループインタビュー、実務家講演などを通じて、ネットを通じた購買行動に関する知見を得てきました。

今年度は、これらの調査研究に加え、「ネット購買ではリピート購買が多い反面、トライアル購買(新規購買)は発生しづらい」という課題に対する打ち手を検討するために、「Web買物同行調査」を実施いたします。本調査では、ネット上で初めて購買する商品を、どのように探索し、決定するか、というプロセスを「商品探索」→「商品選別」→「商品決定」の3つの側面より明らかにし、どのようにすれば新規購買を獲得できるか?という課題に対する示唆を出すことを目指しています。

研究会では、ショッパーのネットを通じた購買行動に関して、これまで明らかにされてこなかった事実を把握し、今後の動向を見通すための調査・研究を行っています。現在、今年度の参加企業を募集中ですので、ご関心をお持ちの方は、是非、お問い合わせください。

■お問い合わせ先
公益財団法人 流通経済研究所
ネット・ショッパー研究会事務局
担当:伊藤、山崎、林
TEL:03-5213-4532 Mail:net_shopper@dei.or.jp

※1:ショッパーの業態使い分けパターン分析の概要
パネル別の業態利用回数構成比を変数として、クラスター分析(k-means法)を実施し、妥当性のある結果の得られた9クラスターを採用。
※2:経済産業省によるEC化率の推計
経済産業省 商務情報政策局 情報経済課「平成30年度 我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備 (電子商取引に関する市場調査)」より引用。

以上

例えばさ。

六本木辺りだと、スーパーなんて少ないだろ。

お店で買えないってことだろうな。

この辺りは、駐車場なんて無料は当たり前だし、場所にもよるが、駐車場でお金払うことも、並んで待ってることなんていうのも無いんだよ。

そういうところは、利用頻度も極めて低いのだと思う。(現時点では)

都内に住んでいるときは、土日なんて特に、駐車場待ちの時間が長くて、時間ばかりがそれで過ぎてしまって、効率最悪に悪かったよなぁと思う。

あとは、近くにはお店自体が極めて少ない地域なのだろうな。

利用頻度が高いのは。

でも、こう暑いと、いつも買う普通の物で、生鮮以外なら、使っても良いかもしれないねっとは思う。

だって、注文すれば、待ってるだけで届くもんねぇ。

時々、店舗でネットスーパーからの注文と思われる、ピッキング作業を行っているところを見かけるが、これ、自分が店舗で選ぶのと違って、古いのから売っているように見えるんだけど、いいのかなぁこれでって思ったり。

まっ、売る方に選ばせるとこうなるよな。

投稿者のプロフィール

minorus
minorus
電子機器が大好きです。
プログラムを書くのをお仕事としていたこともあるので、両方できる PIC や Arduino を使って、いろいろな(役にあんまり立たない)ものを作っています。
実は UNIX 関連のお仕事も長かったので、Raspberry Pi もお手の物なのですけれど、これから触る機会が多くなるのかなぁ。
ボチボチ行きますが、お付き合いください。
若いころの写真なので、現時点では、まだ髪の毛は黒くてありますが、お髭は真っ白になりました。
愛車の国鉄特急カラーのカスタムしたリトルカブで、時々、秋月電子通商の八潮店に出没します。

コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ